お電話での無料相談
0120-651-430
厳選ワイン

皆様に選ばれる5つの理由

1
借金減額の相談は 何度でも0円!
2
最短即日で 督促をSTOP!
3
独自システムで 完済まで
安心サポート!
4
ご家族・
知人・会社に バレない対応!
5
代表弁護士の
解決実績 5,000人以上!
無料相談はこちら 無料相談はこちら 電話で無料相談 電話で無料相談

借金問題を解決するには、
4つの方法があります

方法その1
任意整理
任意整理

「任意整理」とは、弁護士や司法書士が債権者と交渉をして和解を成立させ支払いを楽にする手続きで、すべての債務整理の手続きの中でも非常によく行われる手続きです。法律を超える利息の契約がある場合には、利息制限法による再計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して債務を減らしたり、一括返済によって遅延損害金を減額または免除してもらうことが可能です。裁判所は関与しませんので、自己破産や個人再生の場合のように、裁判所に提出する書類を用意する必要はありません。

方法その2
個人再生
個人再生

「個人再生」とは、債務者が裁判所に申し立てをして、大幅に減額された債務を分割で支払い、残りの債務は免除してもらうという手続きです。個人再生は将来において継続して収入を得る見込みがあって、債務の総額が 5,000 万円を超えない人が利用できます。自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではありませんが、任意整理とくらべれば、債務を減らす効果が非常に大きい方法です。

方法その3
自己破産
自己破産

「自己破産」とは当事者の財産・収入が不足し、借金返済の見込みが全くないことを裁判所に認めてもらい、法律上借金の支払い義務が免除されるという手続きです。自己破産をすると原則として借金を支払う義務がなくなりますので(免責という)借金に追われることなく、収入を生活費に充てることができますが、住宅などの資産があれば手放す必要があるなどのデメリットがあります。

方法その4
過払い金請求
過払い金請求

「過払い金」とは、カードローンやキャッシングなどで、これまでに貸金業者に支払い過ぎた利息のことです。消費者金融やクレジット会社は、かつて利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきました。そのため、長年借金返済を続けている方は「過払い金 」が発生している可能性があり、この過払い金の返還請求によって、借金を完済したり、減額したりすることが可能です。

それぞれの債務整理方法の
メリット / デメリット

メリット / デメリット メリット / デメリット
無料相談はこちら 無料相談はこちら 電話で無料相談 電話で無料相談

債務整理で
解決した事例

事例 01
任意整理の事例
事例 02
自己破産の事例
事例 03
個人再生の事例
事例 04
過払金請求の事例

所属弁護士からの
ご挨拶

豊川祐行
豊川 祐行
東京弁護士会所属 第54311号
加藤慎也
加藤 慎也
東京弁護士会所属 第55224号

あまた法律事務所の代表弁護士の豊川です。

ご家族 ・ご友人、親しい人にさえ中々相談が難しい借金などの金銭的トラブルのお悩み 。
あまた 法律事務所ではそういった借金問題を日々扱い、
多くの相談者様の相談を受け付けている問題解決の「プロフェッショナル」です 。
私達 は豊富な経験と実績を活かし、
あなたの借金のお悩みを解決へと導く方法をご提案させて頂きます 。
まず は遠慮なく無料でお気軽にご相談ください。

弁護士・スタッフ一同、ご相談者様の希望に寄り添い、
実現するサポートを続けていきたいと思います。

無料相談はこちら 無料相談はこちら 電話で無料相談 電話で無料相談

面談・相談までの流れ

ステップ1 ステップ1
ステップ2 ステップ2
ステップ3 ステップ3
ステップ4 ステップ4

よくあるご質問

自分で自分の状況すらよく分からないので相談しづらい。
大丈夫です。当事務所では依頼者の方がそれぞれ置かれている状況を正確に把握できるよう、親切丁寧な聞き取りをモットーとしています。
本当に怒られませんか?
怒りません。当事務所では、借金は多くの人が一度は経験する「風邪」や「虫歯」のようなものと考えています。風邪や虫歯になってしまって怒るお医者さんもいるかもしれませんが、当事務所ではなるべく依頼者の方に寄り添ってお話を聞くことを心がけています。
相談だけで本当に費用は請求されないの?
されません。ご相談頂き、弁護士との面談の上、正式に手続を進めていくとご決断頂くまでは無料での対応となります。
解決までの期間はどれくらいかかるの?
取る手続きによりますが、任意整理であれば債権者との和解まで3~6ヶ月程度、自己破産や個人再生であれば1年程度での解決になるのが通常です。
カード会社などからの電話はとまるの?
正式にご依頼頂ければ、当事務所から債権者に対して介入通知を発送し、直接の連絡を止めることが可能です。
家族や職場に内緒にしたいんだけど。
ご状況によりますが、なるべくご要望にお応えする形で進めていくことは可能です。手遅れになる前にまずはご相談ください。

ご相談フォーム

弊所では、まずは弁護士との面談による相談を設けさせて頂いております。
ご相談の日時調整の為、弊所よりご連絡させて頂きますので、下記よりご連絡先のご記入を宜しくお願い致します。